匂いの夢か

布団か毛布か、何とも言えぬ匂いがする。喩えようがない。
強いていえば「いい香り」とは正反対だ。不快になる嫌な臭い。
自分の体から発するのか。寝具に付いているのか。
目覚めれば何処にもその匂いはない。不思議。匂いの夢?
夢にしては何度もある。そういえば、
寝室にある観葉植物の花の匂いに似ているかも知れない。
但し、ドラセナが夢ほど不快な匂いでもないし、
いまドラセナの花は咲いていない。

温まった部屋で朝食後の血圧は大きく下がる。
143—96 が 111—76 に。
環境、状況によってこれだけ差があるというのは、
それなりに気をつける必要がある。