詩句を読む

さむいね。ああさむいね。虫がないてるね。ああ虫がないてるね。もうすぐ土の中だね。土の中はいやだね。痩 ...
→ 詳細ページ
ゆられ、ゆられもまれもまれてそのうちに、僕はこんなに透きとほってきた。 だが、ゆられるのは、らくなこ ...
→ 詳細ページ
カスペ型の道南端。の断崖。 更に飛火模様に。ごつい岩丈な巌巌いわいわがつづき。ぐるりは泡波のあぶく。 ...
→ 詳細ページ
げんげ田のむらさきから。とびたつ雲雀。むらさきのじゅうたんに。とびおりる雲雀。麦畑の槍やりの穂のなか ...
→ 詳細ページ
    一 そのいきの臭えこと。くちからむんと蒸れる、 そのせなかがぬれて、はか穴のふちのやうにぬら ...
→ 詳細ページ
(僕は長年のあひだ、洗面器といふうつはは、僕たちが顔や手を洗ふのに湯、水を入れるものとばかり思つてゐ ...
→ 詳細ページ
赤、青、黄の強い原色の郷愁ノスタルジヤ……濡れた燕がツイツイと走る五月の雨空、狭い港町の、ペンキの板 ...
→ 詳細ページ

〜75歳のプライベートブログ〜Photo Poem Trunk、えこりんのメダカビオトープ、気ままに心字池、南流山ぐるり写真散歩