「おっとせい」(金子光晴)

    一

そのいきの臭えこと。
くちからむんと蒸れる、

そのせなかがぬれて、はか穴のふちのやうにぬらぬらしてること。
虚無ニヒルをおぼえるほどいやらしい、
おゝ、憂愁よ。

そのからだの土嚢のやうな
づづぐろいおもさ。かったるさ。

いん気な弾カ。
かなしいゴム。

そのこゝろのおもひあがってること。
凡庸なこと。

菊面あばた
おほきな陰嚢ふぐり

鼻先があをくなるほどなまぐさい、やつらの群衆におされつつ、いつも、
おいらは、反対の方角をおもってゐた。

やつらがむらがる雲のやうに横行し
もみあふ街が、おいらには、
ふるぼけた映画フイルムでみる
アラスカのやうに淋しかった。

    二

そいつら。俗衆といふやつら。

ヴォルテールを国外に追ひ、フーゴー・グロチウスを獄にたゝきこんだのは、
やつらなのだ。

バタビアから、リスボンまで、地球を、芥垢ほこりと、饒舌おしゃべり
かきまはしてゐるのもやつらなのだ。

くさめをするやつ。髯のあひだから歯くそをとばすやつ。かみころすあくび、きどった身振り、しきたりをやぶったものには、おそれ、ゆびさし、むほん人だ、狂人きちがひだとさけんで、がやがやあつまるやつ。そいつら。そいつらは互ひに夫婦めをとだ。権妻だ。やつらの根性まで
相続うけつぐ悴どもだ。うすぎたねえ血のひきだ。あるひは朋党だ。そのまたつながりだ。そして、かぎりもしれぬむすびあひの、からだとからだの障壁が、海流をせきとめるやうにみえた。

おしながされた海に、霙のやうな陽がふり濺いだ。
やつらのみあげるそらの無限にそうていつも、金網かなあみがあった。

……………けふはやつらの婚姻の祝ひ。
きのふはやつらの旗日だった。
ひねもす、ぬかるみのなかで、砕冰船が氷をたゝくのをきいた。

のべつにおじぎをしたり、ひれとひれとをすりあはせ、どうたいを樽のやうにころがしたり、そのいやしさ、空虚むなしさばっかりで雑鬧しながらやつらは、みるまに放尿のあぶくで、海水をにごしていった。

たがひの体温でぬくめあふ、零落のむれをはなれる寒さをいとうて、やつらはいたはりあふめつきをもとめ、かぼそい声でよびかはした。

    三

おゝ。やつらは、どいつも、こいつも、まよなかの街よりくらい、やつらをのせたこの氷塊が、たちまち、さけびもなくわれ、深潭のうへをしづかに辷りはじめるのを、すこしも気づかずにゐた。
みだりがはしい尾をひらいてよちよちと、
やつらは氷上を匍ひまはり、
……………文学などを語りあった。

うらがなしい暮色よ。
凍傷しもやけにたゞれた落日の掛軸よ!

だんだら縞のながい影を曳き、みわたすかぎり頭をそろへて、拝礼してゐる奴らの群衆のなかで、
侮蔑しきったそぶりで、
たゞひとり、
反対をむいてすましてるやつ。
おいら。
おっとせいのきらひなおっとせい。
だが、やっぱりおっとせいはおっとせいで
たゞ
「むかうむきになってる
おっとせい。」