南流山にキジ

4月25日早朝、香取神社から江戸川への散歩に出た。
神社は取り壊す予定なのか、
石碑や小さな社などが境内の外に出されていた。
すぐ脇に盛土がされてあって、その上で大きな鳥?が動いた。
まだ空が明けきらないので黒い影にしか見えなかったけれど
大きさと尾の長さからキジだと思ってシャッターを切った。
そのうちに鳴声を発して、キジだと確信した。

20160425_3845

キジはそう長くとどまっていなかった。姿は見えなくなり鳴声だけが響いた。
あとでデータを明るく拡大してみると色がとてもきれいな雄のキジだった。
最近は見かけない。これも早朝にカメラを持って散歩する恩恵なのか。
キジは日本の国鳥。家族愛の象徴だとすると、あの鳴声は
両親の、妻の、なにかしらの思いだったのかも知れない。

20160425_3846