過去の波紋

─ 過去というものが、波が描いた美しい紋のように残るなら、
過去をもって今も生きられる。
─ 古くなった絵葉書がそれを知らない今は、今を生きるに専念したほうが相応しい。