硬い取っ手

コンクリート詰めの中から発する声が何であるのか。
それがわかったとしても無慈悲に“写乞”を続けるだろう。
無二の救済は理解も称賛も求めない「つまらなさ」への感性だから。