“写乞”と「ポケモンGO」

ポケモンGOが世界中で流行っているようだ。
自分はスマートフォンではないし、ポケモンGOをやったこともないが。
そのおかげで独自造語である“写乞”の説明がしやすくなった。?!
本質的には違うけれど、どこか共通点があるような気がして比較してみた。
ゲームの詳細については知らないが
「スマートフォンの画面を通して実際の風景の上に現れたポケモンに、
モンスターボールをスワイプして投げると捕まえることができる。」
 “写乞”では、スマートフォンのかわりにコンパクトカメラを持って、
風景に潜んでいる(感性が見いだす)ポケモンを探しているようなもの。
モンスター ボールを投げてポケモンを捕まえるように、
シャッターボタンを押して風景を切り取りカメラに収める。
たくさんのポケモンがいてそれぞれ価値が違うみたいだけど、
撮ってみた写真もそれぞれに評価が違う。