メダカ池の日除け

あまり費用をかけられないので簡単な方法で対処した。
天然よし素材の炭化ベランダスクリーン(100×180cm)をテーブル上に置いて、
一方を庇(ひさし)のように出してメダカ心字池の日除けにした。
夏場の直射日光下では水温が上がってまるで湯になる。
それでメダカが死んでしまうことはないけれども、藻の発生がひどい。

これで真夏の強烈な陽射しは防げるし、藻の発生状況もチェックできる。
だけど池は薄暗くなってしまい、メダカと遊ぶような環境でなくなったのも確かで
理想と少し違った。
とりあえず日除けになったのだから今夏はこれで様子を見る。
根本的な問題は藻の発生をなくすことで、その解決方法をみつけることだ。
ただし今のところ薬品は使いたくないし、こまめに手入れすればよいのかも知れない。

やっぱり陽射しのあるほうがいいに決まっている。
水の、巡回システム、浄化装置があれば・・・。