再編集の『光陰謳歌』

きのう『光陰謳歌』が届く。
一番気にしていた印刷については階調を補正したので前回よりはよくなった。
このシリーズで目指す白黒写真にはもう少し調整が必要だ。
ハイコントラストにしているから逆に中間の調子が決め手になる。
全体的に見ると中間からシャドウにかけての調子が上がり過ぎて
奥深さが感じられない。ある程度のシャドウは潰してしまいたいくらいで、
それが現在の好みでもある。

PHOTOPRESSO「一年のまとめブックキャンペーン」がある。
期間は2019年12月17日(火)10:00 ~ 2020年1月16日(木)23:59の注文。
自分史用に利用している「Trad」は 150ページ以上〜204(200)ページ。
キャンペーン価格は3,980円(税込 4,378円)
キャンペーン終了直前になるとアクセスが集中し、注文できない場合がある。
ページ数が多くなるので是非この機会に、早目にブック3冊の完成、注文したい。

延び延びになっていたフォトブック『光陰謳歌』の発注を済ませた。(2019.12.06)
再編集したフォトブック『光陰謳歌』は、最初200ページを超えてしまった。
予定は150ページなので内容に合わせてかなりの写真を削除した。
写真による自分史の意味合いもあって、撮影日と場所を付記した。
あと少し時間をおいて確認すれば編集終了。(2019.08.26)