詩句を読む

「汚れつちまつた悲しみに…… 」(中原中也)
汚れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる 汚れつちまつ
「サーカス」(中原中也)
幾時代かがありまして   茶色い戰爭ありました 幾時代かがあ
「夢みたものは‥‥」 (立原道造)
夢みたものは ひとつの幸福 ねがつたものは ひとつの愛 山な
「のちのおもひに」 (立原道造)
夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に 水引草に風が
「またある夜に」 (立原道造)
私らはたたずむであらう 霧のなかに 霧は山の沖にながれ 月の
「はじめてのものに」 (立原道造)
ささやかな地異は そのかたみに 灰を降らした この村に ひと
「嵯峨野抄」 (金井 直)
 紙王寺 一人の旅人が求めるものは 幾夜さのあめかぜに 余分
「窪み」 (笹沢美明)
虚しい明るみから逃れるために どこかに休息所はないものかと
「影」 (笹沢美明)
五月の朝の白い月が 階段をのぼる 制服をつけた婦人は 美しい