「母」 (吉田一穂)

あゝ麗しい距離デスタンス
つねに遠のいてゆく風景 ……
悲しみの彼方、母への、
捜り打つ夜半の最弱音ピアニッシモ