「サーカス」(中原中也)

幾時代かがありまして
  茶色い戰爭ありました

幾時代かがありまして
  冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
  今夜此處での殷盛さか
    今夜此處でのーと殷盛り

サーカス小屋は高いはり
  そこにーつのブランコだ
見えるともないブランコだ

さかさに手を垂れて
  汚れ木綿の屋蓋やねのもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
  安値やすいリボンと息を吐き

觀客様はみな鰯
  咽喉のんどが鳴ります牡蠣かきがら
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよ

     屋外やがいは眞ッくら くらくら
     夜は劫々こふこふと更けまする
     落下らくかがさのノスタルヂアと
     ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん