ベランダの植物2種

ベランダにある植物の約半数は自分が買い求めたものではない。
行った先で採ってきた植物、知人からもらった植物、
母が亡くなり引き取った植物など、様々だ。

これは沈丁花の鉢に自然発生した植物で名前もわからない。
今年が2年目で、草なのか木なのか、それさえもはっきりしない。
初めはまっすぐ1本だけで、冬には葉が落ちた。
抜いてしまうつもりだったけれど、草にしては幹がしっかりしていたので
数センチだけ残して切った。
それが、このように3本(短いのがもう1本)になって背丈も倍にまでなった。
風が吹くと大きく揺れて、葉の形状からも涼しげな印象を与えてくれる。

強風のあと、どこかの木の枝先がベランダにあった。
草花なら多くは差しておけば付くけど、木はなかなか根付かないだろうと、
半信半疑ながら鉢の隅に差しておいた。
しだいに葉が落ちていき、虫食った葉が最後の1枚になった。
それからたびたびその葉が落ちていないか確認した。
もういつからのことだったか忘れてしまった。葉は粘り強く、落ちない。
しばらくして枝の先に緑色を見た。これなら大丈夫かも知れないと思った。
やがて葉の形がわかり、夏になってさらに成長を続けている。