セントウルステークス 結果

独自のランク表『KEIBAの種』

上位4頭以内で決まることは滅多にないし、まだまだ参考レベル。
ランクの上位は、人気も上位のことが多く、表から何を見いだすかに掛かる。
結果としてみれば、
ファインニードルとフィドゥーシアのどっちを本命にするか迷うところだったが、
ここではファインニードルが差をつけて1位になっている。
ダンスディレクターが4番人気ながら3位で3着というのも見逃せない。
また、Pt下位の穴馬として、7、8のある馬に注目している。